醍醐寺 京都の紅葉名所 時期と夜間ライトアップ

醍醐寺 京都の紅葉名所 見ごろ時期と夜間ライトアップ

弁天堂付近の紅葉

醍醐寺といえば、春のしだれ桜で有名ですが、
モミジ・イチョウ・コナラ・リョウブなどの落葉広葉樹も多く、
木々が色づき始める11月頃には、見事な紅葉を見せてくれます。

特に弁天堂付近の紅葉は、
絵画のように美しく見ごたえがあります。

弁天堂の朱色と紅く染まる紅葉が水面に写り、
その光景はこの世のものとは思えないほどの絶景です。

また豊臣秀吉の作といわれる三宝院庭園も見どころのひとつ。
松の緑、砂の白、紅葉の赤のコントラストが美しいです。

こちらは回遊式庭園なので、
見る場所を変えながらじっくりと景色を楽しめます。
(三宝院は写真撮影ができません。)

醍醐寺は真言宗醍醐派の総本山で、
弘法大師の孫弟子の聖方が平安時代に創建しました。

醍醐寺は応仁の乱によって、
五重塔を残して下醍醐が焼失し上醍醐も荒廃したのですが、
豊臣秀吉により再建されました。

醍醐寺は金堂,五重塔,薬師堂,清瀧宮拝殿が
国宝に指定され世界文化遺産に登録されています。

秋の夜間特別拝観

期間

11月中旬~12月上旬

拝観時間

午後6時~午後8時50分
(但し、午後8時10分受付終了)

拝観場所

醍醐寺 下伽藍(金堂、五重塔、林泉、無量寿苑)
※夜間照明(ライトアップ)

拝観料

1000円 団体800円(30名様より)
※拝観料は、当日受付にて

通常の拝観

拝観時間

9時~16時30分(17時閉門)
※12月3日(月)~2月28日(木)は15時30分まで(16時閉門)

拝観料金

大人600円・中高生300円(三宝院庭園)
大人600円・中高生300円(伽藍)

アクセス方法

電車(地下鉄)と徒歩

JR京都駅から、JR東海道線または琵琶湖線約5分で山科駅。
京都市営地下鉄東西線に乗り換え、約8分の「醍醐駅」で下車。

JR奈良線・六地蔵駅、京阪六地蔵駅で地下鉄東西線に乗り換え、
約4分の「醍醐駅」で下車。

2番出口より東に徒歩10分、
または駅ビル「パセオダイゴロー」2階より、通路東に徒歩10分。

路線バス(京阪バス)

バス停「醍醐寺」下車

・京都駅八条口から
ホテル京阪前(山急醍醐寺ゆき乗り場)所要時間:約30分

バス停「醍醐三宝院」下車

・JR山科駅から
1番乗り場(22,22A系統乗車)所要時間:約20分

・京阪六地蔵駅から
2番乗り場(22,22A系統乗車)所要時間:約15分
※JR六地蔵駅からの場合は、「JR六地蔵」バス停から乗車(22,22A系統)

タクシー

・JR山科駅より
「醍醐三宝院」まで、所要時間:約15分

・京阪六地蔵駅、JR六地蔵駅より
「醍醐三宝院」まで、 所要時間:約10分

・JR京都駅より
「醍醐三宝院」まで、約30分  料金:約3000円

マイカー

・名神高速道路京都東インターより下車、
五条方面に向かって奈良街道に入り、醍醐方面に進む
所要時間:約20分

・阪神高速道路8号京都線山科出口より、新十条通りを直進。
山科区役所前交差点を右折し、外環状線を醍醐方面に進む
所要時間:約20分

※駐車料金:普通車(約100台収容) 700円

※ 醍醐寺並びに周辺には駐車場が少なく、道路が狭いので、
 特に土曜日曜は、公共交通機関を利用しましょう。

所在地

〒601-1325 京都市伏見区醍醐東大路町22
TEL:075-571-0002
FAX:075-571-0101


大きな地図で見る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク