だだちゃ豆の美味しいゆで方とポイント!

だだちゃ豆の美味しいゆで方とポイント!

夏はやっぱり「だだちゃ豆」 

だだちゃ豆

一度食べたらやめられない・・・!

だだちゃ豆はゆでている間から独特のいい香りが漂います。

ほっこりゆであがっただだちゃ豆は抜群のおいしさ!
ビールのおつまみに、そしてお子さまのおやつにピッタリですよね。

でも、せっかくのおいしいだだちゃ豆も、
美味しいゆで方を知っているのと知らないのとでは大違い!

ゆでるときのちょっとしたポイントでさらに美味しくなりますよ!
だだちゃ豆の美味しいゆで方のポイントを抑えておきましょう。

だだちゃ豆の美味しいゆで方とポイント!

1.大きめのボールにだだちゃ豆と少しの水と塩を入れます。

2.表面の毛をとるように豆をこすり合わせてもみます。
(このひと手間が美味しくなるポイントです。)

3.軽く水ですすぎ、ざるで水を切っておきます。

4.なべにだだちゃ豆の3倍のお湯を沸かします。

5.沸騰したら、だだちゃ豆と塩を入れて約3分程ゆでます。
(ゆで時間は目安です。お好みの硬さでどうぞ!)

6.ゆで上がったらざるにあけて水を切り、うちわであら熱をとります。
(このときに水をかけて冷やすと水っぽくなるので注意!)

7.お好みで天然塩をふりかけていただきます。

だだちゃ豆は美味しいだけではありません。

だだちゃ豆に含まれるオルニチン
この成分は、美肌や若返りに効果的といわれています。

オルニチンを多く含む食品として知られているシジミよりも
だだちゃ豆の方が3倍~5倍も多いそうですよ。驚きですね!

さらにだだちゃ豆の健康パワーはオルニチンだけではありません。

血圧を下げたり、中性脂肪を抑える効果のあるGABA
肝機能を強化し、アルコールの分解を促進するアラニンなど、
健康効果の高い栄養成分も豊富に含まれているそうです。

その他にも、ビタミンカルシウム食物繊維などの栄養が豊富。

ビタミンB1やメチオニンが
アルコールの分解を促して肝臓の負担を減らします。

それに、良質なタンパク質、疲労回復のビタミンB1、
若返りのビタミンE、鉄分やカリウムなどのミネラル、
血中のコレステロールを下げるサポニンも。

とっても美味しいうえに、美肌効果で若返り
疲労回復もできて夏バテ解消にもぴったりの「だだちゃ豆」。
今年の夏はこれで決まりですね!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク