帯状疱疹の初期症状は?かかりやすい人は?年齢は?

帯状疱疹の症状は?かかりやすい人は?年齢は?

病院

水ぼうそうにかかった人なら、
誰でも発症のおそれのある帯状疱疹(たいじょうほうしん)。

日本人は80歳までに3人に1人はかかるといわれる
とても身近な病気です。

帯状疱疹はストレスや疲れがたまったりなど、
免疫力が低下したときに発症します。

まず体の片側がピリピリ・ズキズキと痛み、
数日後に赤い発疹や水ぶくれが帯状にあらわれます。

発見が遅くなると、痛みや麻痺などの
つらい後遺症が残ることもあります。

早期治療で後遺症を残さないことが重要です!!

初期症状のうちに抗ウィルス薬を服用すると
比較的軽症で済むとのことです。

もしかして帯状発疹かなと思ったら、
一刻も早く皮膚科を受診して治療を受けましょう。

スポンサーリンク

帯状疱疹の初期症状は?

帯状疱疹の症状は「痛み」からはじまります。
ある日突然、皮膚がチクチクするような痛みを感じます。

衣服が触れるだけでもピリピリと痛むようになります。
症状が軽いと「違和感」や「かゆみ」としか感じない場合もあります。

痛みがあらわれてから1週間くらいで、
赤い発疹や小さな水ぶくれが次々に出て広がっていきます。
発疹は、体の左右どちらか片側にあらわれます。

とくに症状が出やすいのは、胸から背中、腹部ですが、
腰や顔、手や足、指などに現われることもあります。

痛みや発疹は、神経の通っている場所にそって
帯状(おびじょう)にあらわれます。

この症状から帯状疱疹と呼ばれています。

チクチクする痛みを感じる数日前に、
体のだるさを感じたり、頭痛や神経痛を起こすなどの
予兆があることもあります。

帯状疱疹にかかりやすい人・年齢は?

10代~20代が増加し、30代は減少の傾向にあります。
50代以降の増加率が高く、70代で急増しています。

30代に帯状疱疹の発生率が減少しているのは、
子どもが水ぼうそうに感染した時に
親の免疫力が強化されるからだと考えられています。

10代~20代と高齢者に帯状疱疹が増加しているのは、
核家族化が進み、水ぼうそうにかかる小さな子供と
触れ合う機会がなくなっているからだと考えられます。

かつては帯状疱疹にかかるのは、
一生に一度だけと言われていましたが、

最近では、家族環境の変化から、
2度、3度と発症する人が増えています。

帯状疱疹の原因は?

帯状疱疹の原因は、ほとんどの日本人が持っている
水疱瘡(みずぼうそう)のウイルスです。

日本人の9割がかかる水ぼうそうですが、
水ぼうそうは治っても、
ウイルスは体内から消えたわけではありません。

痛みなどを伝える知覚神経のなかにひそんでいます。

初めて感染したとき「免疫記憶細胞」がつくられます。
免疫記憶細胞は約20年で数が減少します。

体の免疫力がウイルスの増殖を抑えていますが、
免疫力が低下すれば、ウイルスが活発になる可能性があります。

そして機会を伺っては、再び活動を始め帯状疱疹となるのです。

免疫力が低下する原因は、過労やストレス、
抗がん剤やステロイド薬を使った後、
手術後、重病にかかっている場合などです。

若い世代では過労やストレスが引き金になって
帯状疱疹になることが多いようです。

帯状疱疹にならないためには?

  • 免疫力を正常に保つことが大切!
  • 疲れやストレスをためないことこそが最大の予防法です!
  • もしちょっとでも身体に違和感を覚えたら、
    迷わず病院で検診されることをおすすめします!
  • スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする