マルガリータ皮膚炎?レモンと日光でただれ?シミの原因

レモン

レモンの汁が肌に付いた状態で日光に当たると、皮膚がただれて
やけどのような強い痛みのある皮膚炎になる恐れがあります。

ビタミンCを多く含む食品といえば、
レモンを思い浮かべませんか?

ひと昔前には、レモンパックをすれば
美肌になると流行したこともありました。

レモンにはビタミンCが豊富に含まれているので、
美肌には効果的だと思われるかもしれません。

自然植物を使った美容パックといえば、
なんでも効果がありそうな感じがしますからね。

しかし、このレモンパックは、
美肌どころかシミの原因になってしまいます。

なぜ、レモンパックはシミになるの?

健康な皮膚のpHは4.5~6.0の弱酸性です。
それに比べて、レモンはpH2.5~3.0の強酸性です。

レモンの汁を肌につけてしばらくすると、
角質層を溶かしてしまうため、肌がひりひりし始めます。

また、レモンに含まれる「ソラレン」は、
日光(紫外線)からの刺激を高めてしまいます。

レモンパックをした後、日光に当たるとどうなるのか?
想像しただけでも、怖くありませんか?

マルガリータ皮膚炎とは?

皮膚が溶けて薄くなっているところに
紫外線の刺激を強く受けるので、しみができやすくなるのです。

皮膚にレモンの汁が付いた状態で、長時間日光に当たると、

やけどのように水ぶくれができたり、
腫れあがって、激しい痛みのある皮膚炎になることもあります。

これをマルガリータ皮膚炎といいます。

こうなってしまうと、
激しい痛みが続き、肌はだだれてしまい
元に戻らなくなってしまうかもしれません。

レモンやライムの扱いに注意!!

最近海外で、幼い姉妹が大変な目にあったそうです。

彼女たちは、直射日光のもとで、
ライム搾りに夢中になっていました。

そして約1時間以上も搾り続けていたところ、

数時間のうちに、手は見る間に腫れ上がり、
水ぶくれのような状態に・・・。

そして焼けるような痛みを訴え始めました。

病院で治療を受けましたが、激しくただれた手は、
1か月にわたり激しい痛みが続いたようです。

痛みが治まっても、皮膚の状態が元のように
回復するには、時間がかかるでしょう。

マルガリータ皮膚炎

出典:http://www.odditycentral.com/

レモンジュースを作るにしても、
直射日光の下でレモンを絞る事はあまりないと思いますが、
取り扱いには十分注意が必要ですね。

レモン以外にも、
ライム、パセリ、セロリ、ニンジン、イチジクなど、
マルガリータ皮膚炎の原因になるようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク