やけど虫の被害が急増中!触るな注意!(症状・対処法・駆除法)

やけど虫の被害が急増中!触るな注意!
(症状・対処法・駆除法)

やけど虫

“やけど虫”による
皮膚炎の被害が鹿児島県内で増加中とのこと。

触るだけでやけどみたいに
赤く腫れあがり水ぶくれになるので要注意!!

“やけど虫” ってご存知ですか?

“やけど虫”とは、アオバアリガタハネカクシのこと。

この虫に触れると、赤く腫れて水ぶくれになり、
その症状がやけどに似ていることから
やけど虫と呼ばれるようになったそうです。

やけど虫は、日本全土の水田の周りや
池、沼、畑、川岸など湿潤な草地にいます。

6~8月に最も多く発生し、
昼間は草むらや石ころの下にいます。

暗くなると、灯火に飛んできます。

夜間、電灯の明かりに寄ってくるので、
網戸をしないで窓を開けていると室内に入ってきてしまいます。

見た目は、蟻みたいに小さいので、
つい素手でつまんだり、はたいてしまいそうですよね。

実はこれが危険なんです。

やけど虫による皮膚炎の症状は?

この虫は、刺されなくてもただ触れただけで、

やけどみたいにただれたり、
線状に赤く腫れあがって水ぶくれになります。

やけど虫に触った手でほかのところに触ってしまうと
またその場所にも水泡が出来て広がってしまうんです。

なぜ触っただけでこんなことになってまうのかというと、
やけど虫の体液にペデリンという毒があるからです。

農作業中や寝ているときに被害にあう人が多く、
毒液が目に入ると失明すこともあるそうです。

「あり」みたいに小さいのにこの毒は強烈で怖いですね。

やけど虫に触れてしまった時の対処法は?

ついうっかり素手でやけど虫をはらったり、
つぶしてしまい、皮膚に体液が付いてしまったら、
まずはすぐに水で洗い流してください。

そして、医師に診察してもらって下さいね。

治療はステロイド軟こうの塗布などで、
一般的には完治まで5~10日くらいかかるようです。

腫れているところを触った手で、ほかの部位や
他人の皮膚を触ると炎症が移ってしまうので注意が必要です。

やけど虫の駆除方法

寝ているときに被害にあうことが多いので、
やけど虫が室内に侵入しないようにすることが先決。

夜間は部屋の明かりに誘引されて室内に入ってくるので、
窓を閉めるか、空ける場合は網戸をするようにしましょう。

さらに、戸や網戸や外壁に
殺虫スプレーを振りかけておくのも効果的です。

やけど虫が室内に入ってきてしまった場合は、
素手ではらったり、つまんだりなど、絶対に触らないでください。

ティッシュなどを多めに使用して外につまみ出すか、
殺虫剤で駆除してください。

このとき虫の死がいにも素手で触れないように注意して下さいね。
死んでも有毒成分が含まれています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク