京都 宝泉院の紅葉 見ごろ時期とライトアップ

京都 宝泉院の紅葉 見ごろ時期とライトアップ

宝泉院

宝泉院(ほうせんいん)は、
京都市左京区大原勝林院町にある天台宗の寺院で、
天台宗の三門跡寺院の1つである三千院の参道奥にあります。

大原寺(勝林院)の僧坊の一つとして、1012年(長和2年)に
創建されたもので、天台宗の仏教が栄えた大原の中心的道場です。

京都屈指の名庭園のある宝泉院。

春は新緑の鮮やかな緑が美しく、
秋は紅葉の名所としても知られています。

紅葉の見ごろは11月中旬です。

建物の中から眺める庭園は、
「立ち去りがたい」という意の盤桓(ばんかん)園と称され、
素晴らしい景色を眺めることができます。

柱と柱、敷居と鴨居を額縁と見立てると、
情景が絵画のように見えます。

盤桓園には樹齢300年の沙羅双樹の木が茂っています。

樹齢700年の「五葉の松」は観光客にも人気があり、
こちらは京都市指定の天然記念物に指定されています。

宝泉院の額縁庭園の紅葉 盤桓園
宝泉院の額縁庭園の紅葉 盤桓園

宝泉院 樹齢700年の五葉の松
宝泉院 樹齢700年の五葉の松
写真:京都フリー写真素材

伏見城の床板を天井板に利用した「血天井」も見所です。

関ヶ原の戦いの前哨戦となった伏見城の戦いの際に
徳川家臣鳥居元忠以下数百名が自刃した伏見城の床板であり、
その霊を供養するため天井板としているものです。

拝観客は、盤桓園・五葉の松の見える座敷に通されます。

境内入口で渡されたお抹茶券と交換に
一服の抹茶と茶菓子を供されます。

水琴窟の音に耳を傾けながら、お抹茶を味わい、

そして美しい景色を楽しみながら、
緩やかな時間を過ごすことができますね。

宝泉院の拝観について

拝観時間

午前9時 ~午後5時

拝観料(茶菓付)

大人 800円
中・高 700円
小 600円

(団体30名以上1割引)

紅葉ライトアップ

紅葉のライトアップとともに、
苔生した庭が底から柔らかく照らし出されます。

期間 11月上旬~12月初旬
時間 17時45分~20時45分(21時閉門)
料金 大人800円・中高生700円

宝泉院へのアクセス

■JR及び各私鉄『京都駅』

■地下鉄『国際会館駅』

■京阪電鉄『出町柳駅』
(『四条駅』近くの四条河原町からでも)

■叡山電鉄『八瀬駅』
いずれも京都バスに乗換え『大原』下車、
徒歩約10分です。停留所すぐが参道の入口になっています。

バスでのアクセス詳細

■『京都駅』→京都バス17番・18番を利 用、
所要時間は約65分です。

■『国際会館駅』→同19番、約25分。

■『出町柳駅』→同17番、約30分
(四条河原町からも同17番で50分)。

■『八瀬駅』→同17番・18番・19番、約 15分。

*夜間拝観期間中は最終バスの時刻にご注意下さい。

*お車でお越しの際は、専用駐車場がありませんので
近隣の民営駐車場をご利用下さい。

所在地

京都市左京区大原勝林院町187番地
TEL:075-744-2409
FAX:075-744-2912


大きな地図で見る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク